セブ島に観光なら料金チェック【事前に内容を確認できちゃう】

MENU

観戦も世界遺産も楽しめる

F1

驚きの物価の安さ

7月27日金曜日から29日日曜日の3日間にかけて開催されるのが、F1の2018シーズンハンガリーGP。全21戦中第12戦目として行われるハンガリーGPは、後半戦最初のレースです。また、夏休み前の最後のレースとなり、チャンピオンシップ争いが最も白熱する時期。すでにF1ハンガリーGPのツアーが募集開始となっており、現地のハンガロリンク・サーキットに行くチャンスを掴めます。日本ではちょうど夏休みに入る時期であるため、長期休暇を利用しツアーに参加することが可能。また、蒸し暑い日本を離れ、過ごしやすいハンガリーに行けるのも魅力です。真夏であっても平均気温が22度と過ごしやすく、避暑地に適しています。さらにブタペストからサーキットまでは車で30分ほどの距離であるため、F1観戦もブタペスト観光も楽しめるのは嬉しいポイントです。ハンガリーの物価はおおよそ日本の半分以下となっており、三ツ星ホテルの宿泊費はシングルで3000円ほど。その分ツアーの旅行費が安く、費用を気にせず観光できるのは他のヨーロッパの国々にはない特徴です。高級レストランで気軽にディナーを楽しめる上に、名物であるフォアグラやグヤーシュを堪能できます。多くのツアーが月曜日を自由時間としており、世界遺産に登録されたブタペストを散策できます。F1ハンガリーGPには、毎年西欧だけではなく北欧やアジアからも多くの観戦客が集います。観戦チケットが早々と売り切れる恐れがあるため、早めにツアーに申し込まれることをおすすめします。